ENGLISH / JAPANESE
ホーム > ジャパン・ビザ > 数次ビザ                                                                                 
   



1-A:知人、友人、親戚(四親等以
   上)を訪問するビザ
1-B:観光ビザ
◆数次短期滞在ビザ◆
2:親族訪問ビザ
3:フィリピン在住の日本人の配偶
 者、又は子に対する短期滞在ビザ
4:在日米兵親族、知人を訪問する
  ビザ
5:商用を目的とした短期ビザ
6:会議への出席を目的としたビザ
7:数次短期滞在ビザ
 (商用・文化人・知識人等)
8:通過ビザ
9:在留資格認定証明書のある場合
10:フィリピンに在住する外国人の
  ためのビザ

 (各ビザの項目内に移動)
11:再入国許可の有効期間の延長
  手続き
ご案内/ご注意
※日本ビザの申請から
   発給までの流れ
※ビザ申請に必要な書類に
   ついてのご注意
※宅配便による申請
7:数次短期滞在ビザ(商用・文化人・知識人等)
    以下の対象者<1>の内、日本に所在する親会社・姉妹会社、及び取引先での商談、業務打合せ、
    会議出席等を目的として短期間に複数回訪日する場合、
    以下の対象者<2>の場合です。

   対象者
    <1>短期商用の数次短期滞在査証
       次のいずれかの条件を満たす企業で課長相当以上の職位にある方、
       もしくは1年以上在職している常勤者(IT技術者を含む)
      (1)国公営企業
      (2)株式市場上場企業(第三国、地域の株式市場に上場されている企業も含む)
      (3)日系企業商工会の会員である日系企業であり、且つ、本邦に経営基盤、もしくは連絡先を有する企業
         (日系企業には駐在員事務所を含む)
      (4)本邦の株式上場企業が出資している合弁企業、子会社、支店等
      (5)本邦の株式上場企業と恒常的な取引実勢がある企業
      (6)フィリピンの年間売上高上位1000社にランクされている企業

    <2>文化人、知識人等の数次短期滞在査証
      (1)国際的に著名、または相当程度の業績が認められる美術、文芸、音楽、演劇、舞踏などの芸術家、
         人文科学(文学、法律、経済学等)、自然科学(理学、工学、医学等)の科学者
      (2)相当程度の業績が認められるアマチュア・スポーツ選手
      (3)大学の講師以上の職にある方(常勤者に限る)
      (4)国公立の研究所、及び国交立の美術館、博物館の課長職以上の職位にある方
      (5)国会議員、州知事、州副知事、市長、カトリック司教、医師、弁護士、公認会計士
      (6)数次査証発給対象者の家族(配偶者、子)

    *(※)の用紙はここでダウンロードできます。
    *“ビザ申請に必要な書類についてのご注意” もご覧ください。

参考:日本大使館のホームページよりPDF

【提出書類】
  1)フィリピン・パスポート
    ラミネートの剥がれているもの
    署名のされていないもの
    余白が2ページ以上ないもの
    写真が剥がれているものは受付できません。
    なお、フィリピンの法律により、6か月以上の有効期間が残っていない場合は出国できません。

  2)申請書 (※)
    A-4サイズ(210×297mm)
    各欄への記入は、英文で記載してください。
    該当がない場合は“NON”、或いは“N/A”と記入してください。
    申請年月日については、申請書を提出した年月日、または作成年月日を記入してください。

  3)申請書の写真
    6か月以内に撮影されたもので、サイズは4.5cm×4.5cm、上半身無帽、背景は白に限ります。
    カラーでも、白黒でも構いません。
    写真の裏面に氏名(フルネーム)と生年月日を記載してください。
    デジタルカメラで写真など、規格に合わない場合は、申請が受理されませんのでご注意ください。
    申請書の所定欄に糊づけ(写真の裏面全面に糊付け)してください。

  4:在職証明書
    企業、団体における申請者の職位、在職期間を明記
    *自営業の場合は、会社名登録票の写し

  5:申請者、又は申請者が勤務する企業や団体が数次ビザ申請対象者Bに該当することを証する資料


  6:数次有効査証発給希望理由書(申請人作成) (※)
    日本大使館が定める書式「数次有効査証発給希望理由書」の発給条件の該当項目にチェックを入れ、
    数次査証を希望する理由を記入して、提出してください。

  
《商用の場合》
  7:招へい理由書
    
複数回の渡航を必要とする理由書

  《<2>の(6)に該当する場合場合》
  8:数次査証を受けている配偶者(親)の旅券のコピー、及び出生証明書等の関係立証資料

費   用 | 申請手数料   1200ペソ | ビザ申請料    --- | 合 計    1200ペソ
ジャパンビザの申請・お問い合わせ 
(各本支店には日本人スタッフが常駐しています)
ホテル デュシット・タニ
マカティ
SM モール・オブ・アジア
パサイ
SM メガモール
マンダルーヨン
ラッキー・チャイナタウン
ビノンド・マニラ
SM サウスモール
ラス・ピーニャス
632-893-9226
0906-280-6666
632-556-1445
0906-513-6777
632-637-4694
0906-513-6555
632-242-0640
0906-492-1000
632-800-4948
0906-513-6222
   
Reli Tours & Travel is affiliated with IATA(International Air Transport Association) April 1988 up to present.
It is also a member of the following associations: PTAA, NAITAS and DOT.
COPYRIGHT 2013 "Reli Tours and Travel" All Right Reserved